Biography

Biography

●「PIANO ESPRESSIVO」シリーズ

2006年度ヤマハ音楽支援制度にて演奏活動支援対象者となる。支援対象作品としてDVD「piano espressivo」をリリース。

2008年1月、TV朝日・題名のない音楽会21「話題のアーティスト特集」に出演。

自身編曲による「モーツァルト:トルコ行進曲」をオーケストラと共演。独創的なアレンジが話題となる。

2008年5月にキングレコードよりアルバム「PIANO ESPRESSIVO」でCDデビュー。以降2枚のフルアルバムをリリース。

ゲストにドラムの神保彰(元カシオペア)、パーカッションの三沢またろう(元米米クラブ)氏らを迎え、クラシックにグルーヴを吹き込む新たなジャンルを確立させた。

デビュー前2007年より、JZBrat(渋谷)、STB137(六本木)、王子ホール(銀座)などを中心に、全国で「piano espressivo」シリーズライブを展開。

クラシックホールとライヴ会場、それぞれでのプログラミングやアレンジ、編成やゲストのバラエティの豊富さで、多くのリピーターを魅了する。

ゲストには、古川展生(Vc,東京都交響楽団)、12人のヴァイオリニスト(Vn,高嶋ちさ子監修)、三沢またろう(Per.)、Steve Sax(Fl,)松本蘭(Vn,)、江口心一(Vc,東京都交響楽団)、宇徳敬子(Vo.)、
高木和弘(Vn,山形交響楽団)、タケウチカズタケ(Key,)、岡部磨知(Vn,)、佐々木俊之(Dr,)、佐藤直子(Per,)氏ら他。

2010年4月から9月まで放映されていたBS-TBSの音楽旅番組「音旅 聴ままにクラシック」にナビゲーターとしてレギュラー出演。

アルバム「PIANO ESPRESSIVO」より、番組BGM他、オープニング、エンディング曲も採用。

●Suport pianist/Composer

アーティストのサポートピアニストとしての活動も広げる。

クラシック、ポップス、両側面を生かした独自のサポート演奏で、様々なジャンルのアーティストから依頼を受ける。

これまでに、相川七瀬(ツアー/2009年より)、野口五郎(ツアー/2012年より)、古澤巌(Vn./2007年ツアー)、宇徳敬子(Vo./ジョイントライブ)、他、サポートピアニストとして参加。

2010年の東儀秀樹新春ツアーでは、ゲストのツァオレイ(二胡)の伴奏を務める。

その他、音楽番組収録、ライブイベントサポート、レコーディング、TV吹き替え録音、デモ演奏等、多数。

クラシックとポップスの橋渡しを担うパイオニアとして、ハイブリッドピアノのデモンストレーターとしても、各メーカーイベント、レコーディングなどで演奏。開発アドバイスにも携わる。

雑誌特集など、それぞれのメーカーの特色を独自の感性で解説。インタビュー記事多数。

2013年11月全国公開映画「燦燦(さんさん)」(主演:吉行和子)のBGM音楽を実姉と共に担当。他、国際映画祭受賞作品の短編映画BGMなども担当。

●Music Education

指導者としては、年間1000人以上の子供から大人までの演奏を聴き、全国各地でアドバイザーとしても活躍。

音楽之友社月刊誌「ムジカノーヴァ」にて「鍵盤にさわらない譜読み法」のワークを執筆。

「ピアノ上達のための鍵盤ハーモニカ活用法」「クラシック奏者のためのポップス講座」「コードでクラシック、アナリーゼ法」などの指導者向け講座ほか、
親子向けトークコンサートなども全国各地で行う。

●受賞歴

ピティナ・ピアノコンペティション全国大会A1級金賞受賞及び、日本テレビ杯受賞(6歳)。

イタリア・ベローナ市主催、第1回プレミオモーツァルト青少年国際コンクールに日本代表として参加、最年少第3位及びプレミオモーツァルト賞受賞(7歳)。

第1回ウィーン音楽コンクールインジャパン小学生の部第3位(12歳)。

日本クラシック音楽コンクール中学生の部全国大会第2位(15歳)。

宝塚ベガ音楽コンクール入選。

チェコ・プラハにて第1回カール・ツェルニー国際ピアノコンクール青少年の部第3位(16歳)。

第21回ピティナ・ピアノコンペティション・コンチェルト部門全国大会上級最優秀賞受賞(23歳)。

2005年第29回ピティナ・ピアノコンペティショングランミューズ部門A1カテゴリー全国大会第1位。

他、国内外コンクールにて入賞、入選。

●海外公演・演奏旅行

1989年
イタリア国営放送人気テレビ番組「ゼッキノドオロ」メインゲストとして招待を受け渡伊、二日間に渡り生放送にて演奏。
1992年
韓国ソウルにて日韓交流コンサート出演(「月刊音楽」主催)。
1992年
ドイツ・ザクセン地方独日協会の招待により、ドイツ各地演奏旅行。
ランクフルト、ドレスデン、ライプチヒ、ケムニッツ等。
1993年
イギリス・イートンカレッジ等の招待で、大和日英基金の助成を受けて渡英。
イートンカレッジ始め、イギリス各地のホール、音楽学校等。
(Eton College,Whitgift School, Purcell School,Rikkyo School, Christ' Hospital,他)
1994年
イギリス・ウィトギフトスクールの招待により、イギリス各地演奏旅行。(5月)
(Whitgift School, Purcell School, St. Mary's School, James Allen's Girls' School,他)
1995年
イギリス・ウィトギフトスクールの招待により、イギリス各地演奏旅行。(11月)
(Whitgift School, ロンドン日本人学校, 他)

2007年より6年間は年に1度以上、ヨーロッパを中心に各地でコンサートを開催。 St.Mary's Church Bristol Cathedral、Brocket hallなどで演奏。

遠距離連弾duo「piaNA」として、東京/バルセロナ間10000kmの連弾ユニットを結成。2011年グリーグ国際音楽コンクール(ノルウェー)連弾部門ファイナルディプロマ受賞。

2012年ギリシャにて音楽祭出演。

2012年スペイン/タラゴナにて、piaNA初アルバムレコーディング、世界初収録のカプースチン作品などをヨーロッパ先行発売。カプースチン氏との親交があり、
2012年には連弾/2台ピアノ楽曲を寄贈される。